情報起業 ノウハウを無料で大暴露します!のTOPに戻る


情報起業を始める理由

「給料がカットされてしまって生活が苦しいんです。」
「ボーナスが無くなってしまってローンが払えません」

だから情報起業で稼ぎたいんですけど、ネット初心者
でも出来るのでしょうか?」


リアル社会で普通に働いていても、残念ながら昇進は
なかなか出来ません。

又、一年以内で給料を10万円上げようと思ったら、
普段の生活を捨てて、なにもかもを会社に注ぎ込み
会社に全てを賭けるぐらいのつもりがないと難しい
でしょう。

しかし、そうしたからといって給料が確実に上がるといった
保証はどこにもありませんし、だいたいその会社自体が
無くなってしまう可能性だって充分考えられるのです。


もう昔みたいに一流の大学を出て、一流の企業に勤める
ことが金銭的余裕を約束してくれるような時代はとっくに
終わっています。

ネットビジネスというのは一流大学に入るための能力
など全く必要としません。

必要なのは、絶対に成功するぞ!というやる気と行動力
のみです。それさえしっかりと持っていれば確実に稼げ
るようになります。



「ネットビジネスは稼げないよ」という人がいますが
そういった人達は下記の3つのうちのどれかです。

●チョットだけ実践して稼げなかったので、知ったか
 ぶってネットビジネス全てが稼げないと言っている。

●ネットビジネスは色々ジャンルがあるけれど、選ぶ
 ジャンルを間違えている。
(特に「1クリックするだけで100万円!」みたいな
 情報商材には注意!)

●実際本人は儲かっているが、ライバルを増やしたくない
 ために、儲からないと嘘を言っている。


やらないで(またはチョットだけやって)ダメだと諦める
のは本当に勿体無いですね。

やってダメだった後悔よりやらなかった後悔のほうが大き
な悔いが残りますよね?

そして、やると決めたならとことん頑張ってやれば必ず
結果はでます。


ちなみに「やってダメだった後悔」と書きましたが、
情報起業の場合、やってダメだった時のリスクは非常に
小さいので、すぐに再スタート出来ます。

パソコン環境さえ整っていれば、ほぼノーリスクで
スタート出来るのも情報起業の大きなメリットです。

この項のテーマでもある
「情報起業を始める理由」を箇条書きにしてあげると


●初期投資が非常に小さい
●失敗したときのリスクがほぼゼロ
●自分のペースで作業が出来るので、副業としてもOK
●いう事を聞かない部下や、仕事の出来ない上司から
 開放される。
●投資金額は非常に小さいのに利益率が非常に大きい


というように、やらない理由がみあたりません。


しいてデメリットをあげるなら

全て自己責任なので、何でも他人のせいにする人は
成功しない。(これはリアルの世界でも一緒ですね。)

例えば、失敗した時に参考にした情報商材が悪い!
と思ってしまい、その作者に文句のメールばかり送る。

その情報商材をよく読まずに理解しないまま実践して
結果が出ない事を作者のせいにして文句のメールを出す。。

作者さんもあきれてメールの返信に
「内容を良く読むように」と施すと、
「作者の対応が悪い!」と、どこかの掲示板に書き込む・・

もう勝手にしてもらって構わないのですが、一方で、同じ
情報商材をシッカリと実践している人はどんどん稼いで
いくわけですから、どちらが自分の為になるかは明確ですね。

メリットが非常に大きい情報起業です。
まずは副業として始めてみてはいかがでしょうか?

関連コンテンツ

定年で再就職に情報起業は可能ですか?

定年の再就職といわず、転職として情報起業を 考えていて相談されるケースも増えてきました。 情報起業でなにより嬉しい事は、いつから始めて もよいということ、定年が無いということです。 体・・・

情報起業とクレーム

情報起業は楽して稼ぐ事が出来る。だとか、 情報販売は誰にでも即金で稼ぐことが出来る。 というのは半分事実で半分まやかしです。 決して楽ではありませんし、時には理不尽なクレーマー に頭を・・・

情報販売の魅力

情報起業は元手がかからない・在庫に悩まされない 利益率が非常に高いビジネスモデルとしては、最高 レベルです。 サラリーマンのように毎月安定した「お給料」は もらうことはありませんが、それ以・・・

情報起業の成ノウハウ

以下はある人の成功例になります。 その人は、ある情報起業の商材を手にして実際にその ノウハウ通りに行動出来たのですが、その再現性の高い 情報起業の商材を作ることが非常に重要になってくる と・・・

情報起業とは?

情報起業とは 簡単に言いますと、情報を売るという事です。 一般的に情報販売と呼ばれる事が多いのですが、つまり 自分が持っている情報をPDFやDVD等にして販売する ことを指します。 ・・・